光学サロン
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [管理用]

タイトル ZEMAXのdiff.Grat.
投稿日: 2001/11/07(Wed) 19:38
投稿者shine

初めまして。
ZEMAX(SE)を用いて光線追跡をしている初心者です。

diffraction gratingを用いたモデリング(反射型)をしているのですが、回折後の光線が所望の向きに出ずに困っています。ライン数、次数の設定は間違いありません。どうやら格子面の法線を対称軸として反対方向に回折してしまっているようです。gratingに至る過程の設定に誤りがあるのでしょうか?同じような経験をされた方がいらしたら是非教えていただきたく思います。

また反射型、透過型の区別はgrating後のsurfaceの設定位置により自動的に決まるのでしょうか?(上記モデリングで、grating後のCoord Breakの正負を反転させると、透過型と思われるモデルになってしまいます。)

どうかよろしくお願いします。


このページへのリンクは下記URLを利用ください。
http://www.lensya.co.jp/010/index.cgi?no=440&mode=msgview&oya=440


- レスが付いた後の記事の削除はご遠慮ください。カテゴリー分けは管理人が行いますので、投稿者はカテゴリーを指定しないでください。 -
処理 記事No 暗証キー