[リストへもどる]
一括表示
タイトルCCDカメラの故障原因
記事No2703
投稿日: 2002/11/06(Wed) 20:32
投稿者URA
いつも拝見させていただいております。
私は業務用CCDカメラのユーザーです。
早速ですがCCDカメラで次の故障事例がありました。
故障箇所、原因をご存知のかたがいらしたら教えてください。
<現象>
強い照明光で撮影したら、突然画が出なくなった。
同様の撮影はいつもおこなっておりますが、今回はいつもより明るくしました。
またそのカメラは今までには故障したことがありません。
どうも今回の使用法が原因のようです。
強い光が、CCD自体、またはドライブ回路に悪影響を与えるのでしょうか?
以上、宜しくお願いいたします。

このページへのリンクは下記URLを利用ください。
http://www.lensya.co.jp/010/index.cgi?mode=allread&no=2703&page=1490

タイトルRe: CCDカメラの故障原因
記事No2705
投稿日: 2002/11/06(Wed) 23:19
投稿者Yu+
> <現象>
> 強い照明光で撮影したら、突然画が出なくなった。
> 同様の撮影はいつもおこなっておりますが、今回はいつもより明るくしました。
> どうも今回の使用法が原因のようです。
> 強い光が、CCD自体、またはドライブ回路に悪影響を与えるのでしょうか?
私も似たようなことを聞いたことがあります。
レーザー光を直に計測するとき壊れたそうです。
どのようなメカニズムで、何処が壊れるのでしょうか?

このページへのリンクは下記URLを利用ください。
http://www.lensya.co.jp/010/index.cgi?mode=allread&no=2703&page=1490

タイトルRe^2: CCDカメラの故障原因
記事No2724
投稿日: 2002/11/08(Fri) 01:22
投稿者Yu+
CCDについて調べてみましたが、カラーフィルターの劣化については記載されていますが、電気的な故障は判りませんでした。
ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教示のほど宜しくお願いいたします。

このページへのリンクは下記URLを利用ください。
http://www.lensya.co.jp/010/index.cgi?mode=allread&no=2703&page=1490

タイトルRe^3: CCDカメラの故障原因
記事No2731
投稿日: 2002/11/08(Fri) 18:50
投稿者そね
CCDに限らず一般の半導体には熱暴走とかラッチアップという現象があります。半導体、特にICの中身はたくさんの独立した素子が形成されていてそれらが適正に配線されています。同一チップ上に作ったたくさんの素子を独立さるために(全部電気的につながってしまってはショートの塊になってしまいます)逆バイアス阻止領域というものが設けられていて各素子間を分離しています。ところが外部または内部で熱が生じると、電流を流さないはずのこの領域に漏れ電流が発生します。この漏れ電流は温度が約8℃上昇すると倍になります。25℃から100℃になるとわずかな漏れも663倍になります。これによりその部分に電流が集中し、ますます発熱し、さらに電流が増え、・・・という具合に一気に焼ききれてしまうのです。これを熱暴走といいます。

焼き切れなかったとしても分離独立されていなければならない部分が導通してしまうので機能は完全に失います。何らかの理由で破壊に至らなかったとしても一度電源を切って冷やしてやるまでは正常動作はしません。厳密には多少違う現象ではありますが、これをラッチアップといいます。

単位面積当たりのパワーが大きいレーザ光が素子にあたると局所的に温度が上がる可能性があります。でも、CCDはそのような破壊に至るほどのパワーに比べて桁違いに弱い光で使うものですから、通常に画像が見える状態では熱の心配はする必要はないでしょう。

通常半導体素子は125℃か150℃くらいまでは壊れません。何か他の要因がありそうな気がします。

このページへのリンクは下記URLを利用ください。
http://www.lensya.co.jp/010/index.cgi?mode=allread&no=2703&page=1490

タイトルRe^4: CCDカメラの故障原因
記事No2732
投稿日: 2002/11/08(Fri) 19:50
投稿者Yu+
> 単位面積当たりのパワーが大きいレーザ光が素子にあたると局所的に温度が上がる可能性があります。でも、CCDはそのような破壊に至るほどのパワーに比べて桁違いに弱い光で使うものですから、通常に画像が見える状態では熱の心配はする必要はないでしょう。
> 通常半導体素子は125℃か150℃くらいまでは壊れません。何か他の要因がありそうな気がします。
そねさん、ご返事ありがとうございます。
レーザーを撮影すると、中心部はサチっていることが多いです。
これが発熱につながったのでしょうか?
URAさんのように“強い光”となると、使用方法として絞り込むか、ストロボ的に点灯することが多いと思いますが、映像を見ているわけですから、壊れるほど異常な熱が発生するとは思えないですね。

このページへのリンクは下記URLを利用ください。
http://www.lensya.co.jp/010/index.cgi?mode=allread&no=2703&page=1490

タイトルRe^5: CCDカメラの故障原因
記事No2733
投稿日: 2002/11/08(Fri) 21:24
投稿者URA
> URAさんのように“強い光”となると、使用方法として絞り込むか、ストロボ的に点灯することが多いと思いますが、映像を見ているわけですから、壊れるほど異常な熱が発生するとは思えないですね。
そねさん、YU+さんありがとうございます。
私の場合はハロゲンランプ+ライトガイドのストロボ点灯でした。
宜しくお願いいたします。

このページへのリンクは下記URLを利用ください。
http://www.lensya.co.jp/010/index.cgi?mode=allread&no=2703&page=1490